レールテック

レールテック

私たちの仕事 業務紹介/人財育成

軌道部門

求められるのはミリ単位の作業。
快適な乗り心地は職人たちの匠の技に支えられている。

軌道には列車が走るたびに負荷が加わり、それが安全や乗り心地を左右する線路のゆがみの原因となります。
そこで線路(軌道)に直接触れて検査・保守することで、常に最良の状態に軌道を整備していくことが不可欠となります。
軌道検査では、いろいろな測定機器を使って線路の状態を検査・診断し、軌道整備では、「マルチプルタイタンパ(MTT)」や「レール削正車とよばれる高性能な大型機械を駆使して軌道のゆがみや狂いを修繕していきます。終電から始発までの限られた時間に行われることが多い過酷な作業ですが、これらの作業が欠かさず行われているから、日々の安全で快適な乗り心地は実現しているのです。

事業概要

  • 新幹線、在来線の軌道検査
  • マルチプルタイタンパ(MTT)、(分岐器MTT)による線路整備
  • レール削正車によるレール削正
  • 新幹線の確認車による線路確認
  • レール溶接施工

軌道の維持・管理は欠かせないもの。

線路は壊れることを前提にした構造物であり、列車が走る度に衝撃が蓄積され壊れていき、列車の乗り心地に影響を与えます。従って軌道の維持・管理は欠かせないものであり、当社は軌道の専門医として安全で快適な列車の運行を実現しています。具体的な業務は「検査」と「保守」、2つに分けられます。検査で各種測定器を用いて軌道の状態を診断し、保守で大型特殊保線機械を駆使しながらミリ単位の精度で線路の歪みや傷ついたレールの表面を削り、滑らかにしていきます。その運転室は飛行機のコックピットのようで、高度な技術が必要です。業務の殆どは終電後の限られた時間帯に行っており、日夜安全を縁の下から支えています。

軌道検査

  • 軌道狂い検査

    簡易型軌道検測装置(トラックマスター)や跡検測装置で軌道の上下・左右方向の歪みをミリ単位で測定・診断。その結果に基づいて整備場所や方法を検討・実施していくことで、列車の安全走行を確保します。

  • 分岐器細密検査

    分岐器を解体して浸透探傷法などでレールおよび付属品に対する傷の有無や進行状況をチェック。列車の安全走行に万全を期します。

レール溶接

  • ロングレール溶接ライン

    25mや50mのレールを溶接して長さ200mのロングレールに加工。継目をなくすことで乗り心地の向上や騒音・軌道保守量の低減が図れます。向日町レール溶接ラインはJR西日本で唯一の200mレール製作工場です。

軌道整備

  • マルチプルタイタンパ(MTT)

    道床を高圧でつき固めることで軌道の歪みを直し、乗り心地の良い状態に整正する大型機械。多くの機器を操作できるスペシャリストが求められる。人力と比べて大幅に短時間で効率良く作業できます。

  • レール削正車

    レール表面の小さな凹凸を削る大型機械。1/100mmという高い精度でレール表面を削ることで傷んだレールを新品レールと同等の状態に回復。騒音や振動を低減させる効果があります。

PAGE TOP