レールテック

レールテック

私たちについて 企業情報

  • HOME
  • 私たちについて

私たちについて

鉄道技術のコアを集結し「Only One」を目指します。

社会や技術の環境が加速度的に進歩発展する流れの中で、レールテックは、鉄道の線路(軌道)を取り巻く将来をみつめながら、鉄道技術のコアを結集した「Only One」となる会社を目指します。「安全」「快適」。この期待に応えるため、私たちは「鉄道施設の総合技術集団」として全ての技術力を注いで4つの事業に取り組んでいます。

専

会社概要

商号 株式会社 レールテック RAILWAY TRACK AND STRUCTURES TECHNOLOGY CO.,LTD.
代表者名 代表取締役社長 鈴木 喜也
所在地 大阪府大阪市淀川区西中島五丁目4番20号中央ビル3階
設立 1992年4月1日
資本金 1億円
社員数 1,267名(2020年4月1日現在)
年商 約200億円(2019年度)
事業内容 線路保守、機械検修、土木工事業、鋼構造物工事業、計量証明事業、建設コンサルタント事業
事業所数 [支店数]
6支店(金沢、近畿、岡山、米子、広島、新幹線西)3支所(和歌山、福知山、東京)

[営業所数]
22営業所(金沢、富山、福井、草津、京阪神、大阪、和歌山、福知山、神戸、西神戸、明石、姫路、岡山、福山、米子、出雲、広島、徳山、山口、福岡)他16センター、4駐在
建設業 土木工事業、鋼構造物工事業
建設コンサルタント 鉄道部門、土質及び基礎部門
計量証明事業 音圧レベル、振動加速度レベル

沿革

1992.4

西日本機械保線株式会社として会社設立登記

1992.7

西日本機械保線株式会社として営業開始
山陽新幹線の軌道整備業務、保線用機械の検修業務を受注

1995.1

阪神・淡路大震災の復旧工事に従事

1998.1

広島支店、小倉支店を設置

1999.10

株式会社日本線路技術大阪支店の業務を譲受、大阪支店を設置
軌道検測業務、レール探傷車業務を開始

2000.1

在来線の軌道整備業務を新規受注

2004.12

商号を株式会社レールテックに変更(本社を大阪市淀川区西中島に移転)

2005.4

金沢支店、神戸支店、米子支店を設置
工事監理業務、レール溶接業務及び工事積算業務を受注

2005.7

軌道検査業務及び構造物調査、検査業務を受注

2005.12

企業理念及び行動規範の制定

2011.6

近畿支店、新幹線西支店を設置

2012.6

監査室を新設

2013.7

JR西日本グループ優秀会社賞を受賞

2014.10

OB会設立

2015.3

北陸新幹線開業

2015.7

執行役員制度を導入

2018.4

京阪電気鉄道株式会社よりMTT業務を受注

2018.11

京浜急行電鉄株式会社よりMTT業務を受注

2019.4

東京支所を設置

2019.3

大阪市高速電気軌道株式会社(Osaka Metro)より溶接技術者指導業務を受注

組織図(2020年6月1日現在)

組織図(2020年6月1日現在)
PAGE TOP