レールテック

レールテック

私たちの仕事 業務紹介/人財育成

構造物部門

我々に求められている役割、それは、
「次世代に良質な土木構造物を引き継いでいくこと」。

鉄道の構造物は建設された年代が幅広く、中には経年劣化が進んでいるものもあります。線路を取り巻く多くの土木構造物に対して、検査・調査・診断を実施し、適切なメンテナンス方法を提案することで列車の安全走行に貢献しています。
一方、土木構造物の建設や補修工事においては、ライフサイクルコストを視野に入れた良質な構造物を建設していくことも、将来のメンテナンスにとって非常に重要な要素です。そのため、「安全」で「高品質」な鉄道土木工事の施工を実現する工事監理も提供しています。

事業概要

  • 橋梁、トンネル、斜面・築堤、駅ホーム等、土木構造物の検査・調査
  • トンネル覆工表面撮像・分析
  • 列車走行による振動・騒音・トンネル微気圧波の測定・分析による環境調査
  • 土木工事の施工監理

土木構造物を健全な状態のまま次世代に引き継いでいくために。

橋梁、トンネル、斜面・築堤、駅ホームといった鉄道土木構造物には、建設後100年を超えるものも少なくありません。しかし、丁寧な維持管理が行われてきたことによって、現在も多くの構造物が健全な状態で活躍しています。私たちは、先人から受け継いだこれらの土木構造物を健全な状態のまま次世代に引き継いでいくことで、お客様が安心して鉄道をご利用いただけるよう、土木構造物の検査・調査に基づく診断業務や土木構造物の建設、改良、補修に関わる工事監理業務、さらに、列車走行による騒音、振動等の環境測定等を行っています。

土木構造物の検査・調査・診断

  • 橋梁

    コンクリート構造や鋼構造の橋梁・高架橋について、定期的な検査や調査による健全性の診断、劣化原因の特定と対策の提案を行っています。

  • 土構造等(斜面・築堤)

    土砂や岩石を材料とした築堤などの土構造や鉄道沿線の斜面などについて、定期的な検査や防災機能の調査・診断、対策の提案を行っています。

  • トンネル

    鉄道黎明期に建設されたレンガ構造トンネルや一般的なコンクリート構造トンネル、都市地下鉄道のシールドトンネルなどについて、定期的な検査や調査による健全性の診断、劣化原因の特定と対策の提案を行っています。

工事監理

鉄道施設や鉄道に近接した土木構造物の建設・改良・補修工事を、安全かつ所定の品質・工期で完成させるため、施工会社が設計に基づき適切に施工しているかを確認する工事監理業務を実施しています。

環境調査

  • 列車走行によって発生する騒音・振動・トンネル微気圧波などの環境測定や分析を実施し、防音壁やトンネル緩衝工事など環境対策設備の提案を行っています。

PAGE TOP