レールテック

レールテック

私たちの仕事 業務紹介/人財育成

機械部門

あらゆる保線機械に精通したプロフェッショナルが、
今日も完璧なメンテナンスで車両を送り出す。

保線機械・機器は常に万全の状態であることが求められており、定期的に行われる検査(車でいうところの車検)に合格したもののみが現場で活躍することができるのです。
鉄道の安全と快適を実現する精度の高い検測・調査を維持するために、大型保線用機械をはじめ大小さまざまな機械に精通したプロフェッショナルが機械の細部まで調査し、点検やメンテナンスを行っています。
さらに点検技術のノウハウを活かして保線用機械の改良や開発を行っており、よりレベルの高い保線作業環境の実現を目指しています。

事業概要

  • MTT、DGS、SMTT、確認車、レール探傷車、レール削正車、バラスト作業車、トンネル覆工表面撮像車などの大型機械の修繕および定期検査
  • 保線用各種機械の改良・開発

機械器具を万全の状態にするのが機械部門です。

鉄道では線路の整備を行うために多種多様な機械や器具を使用しています。これらの機械器具を万全の状態にするのが機械部門です。自動車に例えると、車検や故障した部分を修理するディーラー的な業務と言えます。線路の上で使う機械は一般社会にない独自の機能と構造を持っていることから、検査や修理を実施する中で出てきた改善点等を(機械の所有者である)JR西日本へ提案することも行っています。
特に当社で運用している海外製の重機械の導入には計画段階から参画しています。また、安全性や効率性向上など作業現場から挙がってくる声に対応するべく、既存の機械器具の細かな改良や新たな機械の開発も手がけています。

整備

福山機械センター

新幹線で使用する大型保線機械を細部に至るまで分解・点検し、メンテナンスする最新設備が整った工場。稼働状態のデータ分析もあわせて行っています。

検査

  • オイル分析

    電子吸光式分析機、フェログラフィー等でオイルの分析を行いエンジン内部の状態を調査。データに基づいて最適なメンテナンスを行っています。

  • 部品測定

    機械の使用により磨耗する部品を測定し、整備が必要か部品の交換が必要かを判断しています。

開発

  • スラブライナー

    バラスト(砂利や砕石)のないコンクリート軌道においても、マルチプルタイタンパ(MTT)でレールのゆがみが直せる装置を開発。活用しています。

  • レールランナー

    線路設備の検査および鉄道災害時への対応に寄与できる簡易軌道走行車を開発。作業現場近くの踏切から2名でおよそ7分で載退線できます。

PAGE TOP