レールテック

レールテック

私たちの仕事 業務紹介/人財育成

コンサルティング部門

どんな小さな異常も見逃さない。
安全・快適な移動空間に欠かせない専門家集団。

最高速度300km/hで走行する山陽新幹線をはじめ、大都市の動脈線路(軌道)や輸送量の少ない地域の在来線まであらゆる条件の軌道を、「新幹線電気軌道総合試験車(ドクターイエロー)」、「在来線総合検測車」、「超音波レール探傷車」など最先端の検測車両を駆使して検測、診断。質の高い軌道保守の第一線を支えています。さらには、軌道構造・材料などの測定や列車乗心地の調査、レール溶接の指導なども行っています。
高い技術力と専門知識を持った技術者たちに安全で快適な鉄道輸送は支えられているのです。

事業概要

  • 新幹線電気軌道総合試験車(通称:ドクターイエロー)による軌道検測・分析
  • 在来線高速軌道検測車(キヤ車)による軌道検測・分析
  • レール探傷車による超音波レール探傷測定・分析
  • 施設環境システムの開発・運用・保守
  • レール溶接およびレール探傷の技術管理
  • 技術開発およびこれらの販売および特許事業

高精度・大量のデータ取得で、タイムリーな保守に繋げています。

列車に心地よく乗っていただくためには、線路のゆがみ(狂い)やレール内部に発生するキズを小さなうちに検出して(見つけて)、必要な修繕(元に戻す)をすることが大切です。これらのデータ取得は膨大でかつ特殊な技術を必要とします。そのため、専用機械を積み込んだ車両(ドクターイエロー、レール探傷車)等を走行させることで、高精度かつ大量のデータを取得し、タイムリーな保守に繋げています。これらのデータは蓄積していくことで、より踏み込んだ解析が可能になると期待しています。今後は新基軸(フリーゲージトレイン試験等)についても積極的に参画し、技術力の向上を図っていきます。

検測

  • 在来線総合検測車

    電化・非電化区間問わず、在来線の軌道状態を列車並みの速度で測定する検測車両です。JR西日本管内を1年中移動しています。「キヤ車」とも呼ばれています。

  • 新幹線電気軌道総合試験車

    東海道・山陽新幹線を10日に1回往復(東京~博多)し、新幹線の軌道状態を最高270km/hの高速で測定する検測車両です。ドクターイエローの愛称で親しまれています。

  • 超音波レール探傷車

    新幹線および在来線のレール内部に発生する傷を発見する車両です。車両に搭載した超音波探傷装置が走行しながら高い精度で傷を発見していきます。

調査

  • 軌道材料応力測定

    レールやマクラギといった軌道材料の応力などを測定し、分析評価を行っています。

  • 列車乗心地測定

    新幹線の乗心地を測定し、分析評価を行っています

溶接技術

  • レールの溶接および探傷の技術管理を行っています。

PAGE TOP